Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーカム、再び



イグを封印することに成功した私たち。
しかし、この戦いはここで終わることはなかった。

「全にして一、一にして全なる者」ヨグ=ソトース
こいつが次に眠りから目覚めようとしていた。

戦うのは5人(大将、マスター、るっきー、毛塊人、ぷそ)
ヨグ=ソトースは14回(最大です)ゲートが開いてしまうと現れる。
現れたら即終了、世界は滅亡という恐ろしい敵です。
ですが、アーカムの探索者にデメリットを付与してくることはないので
只々、ゲートを6つ閉じれば良いだけの話なのです。
前回のようにさっさと封印6つで終了、そう思っていました。あの時までは‥‥。



役割分担を決めさっさとゲートに入ったり、モンスターを倒したりしていました。
だが、ここで思わぬ事態に遭う。それは大量発生。
新たなゲートが開かずに今開いているゲートからモンスターがうじゃうじゃわいてくるのです。
アーカムのモンスターの中でも強力なのを引いてしまい討伐担当が苦戦。
しかもこの大量発生は1度では終わらなかった。
立て続けに2度3度と大量発生が起こり、序盤にも関わらず病院送りが何人か出ました。



ロック(相手の動きを封じ、何もさせない)という状態が発生しました。
引き金は環境のカードが変わったことです。
ターン終了時に道の場所にいる人は警察署に連行されるという環境。
この環境になったことによりそれを避けて動いていたらイベントで警察署へ‥‥。
1ターン移動できず次のイベント発生、話を聞いて恐くなり逃げ出したら道のマスへ。
環境により道にいると警察所へ、
警察署のイベント(8枚くらい)の中から特定の何枚かが道へ行くかまた捕まるかの状態。
毛塊人は運悪くこのロックにかかってしまったのです。

さて、ゲート封印担当はと言うと現れたモンスターのせいで上手くゲートに辿りつけず
着いたとしても封印することが出来ずに閉じるだけという歯がゆい状態。
このままではいけないと思い立ち、全員でモンスターの討伐に打って出ることになった。



噂が噂を呼ぶようにアーカムに悪い状態がいくつも発生し、
町の人は消え恐怖トラック(これが10になると眠りから復活)が上がり、
ヨグ=ソトースのカウンターは13(ゲートが13回開いた状態)になった。
ゲート封印は計5、開いているゲートは2つ、それぞれのゲートにいる探索者は
次のターンに異世界から帰ってきてゲートを閉じることが出来る。
そして迎えたファイナルターン!
まずどこのゲートが開くかのチェック、このチェックで封印されている場所か開いている場所が
選ばれないとヨグ=ソトースのカウンターが溜まりゲーム終了。
そして、選ばれた場所は‥‥‥‥封印された場所でした。
しかし、ほっとしたのもつかの間、サイコロを振り1か2が出ると同じくカウンターが溜まる。
親番の毛塊人がサイコロを振る‥‥‥‥結果は5でした。
ここで大将とるっきーは急いで異世界から戻ってきてゲートを閉じる。
封印の数は足りないがアーカムの町からゲートが全て消えたためプレイヤー側の勝利。

ギリギリの戦いでした。
しかし、これが敵の中では2番目に封印しやすいから恐いです。
次やるか未定ですが頑張ります!

」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!」・ω・)」うわー!(/・ω・)/ぎにゃー!



5月6日、毛塊人が買ってきたアーカムホラーをプレイしました。
アーカムホラーとはクトゥルフ神話を用いたボードゲームです。
アーカムに次々と出現する異世界への門(ゲート)と、そこから生み出される怪物。
刻一刻と破滅は近づき、手遅れになれば旧支配者が覚醒します。
プレイヤーは現れた怪物を退治しつつゲートを閉じることが目的です。
ゲートを6つ封印するか6つ以上閉じたときフィールドにゲートがなければ勝ち。
旧支配者が目覚めそいつにボコボコにされたら負け(相当準備しないと勝てない)。

今回の旧支配者は『蛇たちの父』イグ
何せ今回のプレイが初めてのようなものなので(2回ほど行っているが説明書と睨めっこしながらの為終わらなかった)
一番攻略しやすいのを選ぶことに‥‥。

始めに言っておくと、このアーカムホラーはボードゲームの中ではかなりのマゾゲーです。
イージーで難しいといわれるゲームのモードがベリーハードで旧支配者によって縛りプレイの難度を選ぶイメージです。
過去2回において有名どころのニャルラトホテプ、クトゥルフの二体と戦いました。
が、時間が足りないとかルールが違うとかそういうの抜きにしてもクリアするのは超至難だったかと思います。


今回参加したのは
私(大将)、マスター、にんじん、ぷそ、るっきー、亀井の6人。
ゲーム開始時は役割(モンスター撃退かゲート封印)を決めて行動していたのですが
大量発生イベントが出た瞬間から雲行きが怪しくなり、仲間(るっきー)がバイトで消え
何人ものプレイヤーが正気を保てなくなり何度も精神病院に通うことに‥‥。

それでも、ゲート封印に役立つアイテムを手に入れ5つのゲートを封印、1つのゲートを閉じることに成功。
あと1つのゲートを閉じるか封印すればこのゲームは終了、私たちの勝利になります。
そこで、ターンの終わりに来るイベント発生フェイズ‥‥。
ここで封印された箇所かゲートの開いている箇所が出れば
新たなゲートは発生せず(封印された場所にはゲートは出現しない)
仲間(にんじん)が最後のゲートを閉じることができるのです。
そしてそのチェックで出たのが‥‥‥‥封印されている箇所でした。
何とか私たちは幾度となくモンスターに襲われ不吉なことが起きてsan値を減らされ
気が狂いつつも旧支配者の復活を阻止することが出来ました。

かなり難しいゲームですが勝ったときの喜びも大きいです。
もうすぐD0の大きな大会やゼクスの白緑デッキの登場などで慌しくなりますが
またアーカムホラーをしたいと思います。

ちなみに
今回のプレイ時間は4時間ほどです。
最初の2回はもっとかかりました。

家族でお出かけ




今日(正しくは昨日)から始まった幕張フリーマーケットに
家族で掘り出し物を探しに行ってきました。

車に乗って1時間弱で到着。
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥人多っ!!

何百台もの車に数千人という人の熱気にあてられ
亜熱帯のジャングルに(行ったことないけど)迷い込んだ気がしました。
歩いているだけで汗が溢れてくるんだから太めの男子には辛いです。

2~3時間ふらふらと彷徨い良い物無いか調べてみました。

まず最初の出会いはToHeart2のトランプ。
友人(サカナ)が喜ぶかなと思いつつ値段を聞くとなんと40円!
値切るのは無理、というかこれ以上下げるのは心が痛むので普通に買いました。

次に出会ったのがカオス・ソルジャー-開闢の使者-(ウルトラレア)
確か3000くらいで売られていたのを思い出し値段を確認すると3000円。
通常通りの値段だったので交渉タイムに突入。
2500まで下げて最後のもう一声で2400に下げてもらい購入。

次はカードホルダーです。
三国志大戦のロゴ? が付いた4×30枚入るホルダー。
一目見てゼクスのカード入れに調度良いかなと思い購入。
ちなみに100円でした。

次はバカテスの懐中時計(美波バージョン)
200円で売られていたので買いました。が、電池が切れていた為
時計店に持っていって電池の交換をしないといけないのです。
でも、バカテスの中では美波が好きなので良かったと思ってます。

さて、ここまで買ってきて最後にでかいのを買っちゃいました。
たまたま、IS(インフィニット・ストラトス)のTシャツを見ていたときに
見つけてしまいすぐに買ってしまいました。
それは楽器のエレキベースです。ロゴにはBUSKER'Sの文字があり
ネットで調べると初心者で始めるならこれでも良いと書いてありました。
私の周りにはベースをやっている者が多く(それはそれでどうなんだか)
指導してもらう? 気でいます。
ちなみに値段は6800でしたが6000にしてもらい
1200円のISのTシャツも1000(本来は2500)にしてもらいました。
そして帰宅することに‥‥。
帰ってきて即布団にダイブ! そのまま夜中になるまで起きれませんでした。

ちなみに
私がふらふらと買い物しているとき
私の友人たちはなにやらV-2でブードラをやったり
アーカムホラーなるボードゲームを買って楽しんでいたようです。
明日は私の家でD0+ボードゲームになりそうです。


ゼクス体験会2



昨日新宿でゼクスの体験会に行ってきました。
参加メンバーは私含めて2人(イタチ)。
予定より早めに到着した私たちは適当に本を何冊か買い
ついでに買ったchaosTCGのマジ恋Sのスターターで
ミラー戦をすることに(私は燕、イタチは紋白をパートナーに)
結果はギリギリで私の勝ちでしたが紋様強かったです。

その後、イタチはデッキを持ってきてなかったので
前回の体験会で頂いたゼクスをすることに(笑)
始まる前から何やっているんだとかそういうツッコミは置いといて
途中でたくさんの視線が集まっていることに気付いてびっくり。
そりゃ、今日はこのTCGをしたくて来た人が多いんだから当たり前です。

その後、体験会が始まり満員+αになったので私たちは立って話を聞くことになりました。
スタッフさんに見られていたので初参加の振りは出来ませんでした。
対戦が始まり、私は疑問点をいくつかスタッフさんに聞くことに
1プレイヤーへの攻撃時の公開するライフの指定は?
2ライフリカバリーとはどこまで効果が発揮しますか?
3今後のゼクスの色の特徴は?

現在のルールブックにはライフに攻撃する場合
「公平にするため攻撃した側がライフを選ぶ」とあります。
しかし、現在は調整中で上から公開するという方法をとっています。
理由の中に指定したライフとは違うライフを公開される恐れが
あるためとのことでした。

ライフリカバリーはライフから公開されたとき
デッキの一番上のカードをライフに置く効果です。
このライフリカバリーはデッキ切れしたときのリフレッシュにも効果が及ぶのか?
こちらも調整中であったら良いかもしれないとは言っていました。

3は色々と口を滑らしていただいたのでたくさん聞けましたが
次のフリーカード登場まで言わないでくださいと言われましたので言えません。
でも、皆さんが思っている感じの能力だと思いますよ。

最後にじゃんけん大会を行いました。
新宿店の名前が載ったゼクスのポスター
セパレーター(緑のお兄さん)
プレイヤーカードセットの三点です。

一回目二回目と負け続け
三回目のプレイヤーカードのときに2人になり
最後に負けてしまいました。

そして、体験会は終了しました。
色々分からなかったことが聞けたので参加できてよかったです。

ちなみに
1.もらったプレイヤーカードは
  プレイヤー中一番あざとい子といわれる(メンバー内だけですが)各務原あづみです。
  イタチはマジイケメンな天王寺飛鳥です。

2.スタッフの「ツイッターやってる人」でほぼ全員手をあげていて笑っちゃいました。
  ツイッターのフォローキャンペーンも今1300人登録しています。すごいです。

3.コンプティークの記者さんが来ていました。
  来月号にはゼクスの情報が載っているそうです。
  これは気になりますね。発売は5月10日。私は買うつもりです。

今回のレポートはこの辺で。



ゼクス体験会

 BIG MAGIC 4月30日13:00~のゼクス体験会1回目のほうに参加しました。
 友人も5人(ぷそ、るっきー、サカナ、亀井、にんじん)いたのですが遅刻(にんじん)やその他(亀井)で3人に‥‥。
「家で印刷したものより生のカードは良いですな」
 とか言いつつ、ぷそとガチでミラー戦
 私がライフリカバリーを引き当てるも一歩届かず負けてしまいました。
 当たったプレイヤーカードは青葉千歳さんです。
 関東の人間ですが、青葉さんが欲しかったので嬉しかったです。
 みんなもそれぞれ狙いのプレイヤーカードが当たって喜んでいました。
 るっきーは上柚木綾瀬(黒)、サカナは各務原あづみ(青)、ぷそは黒崎神門(赤)
 赤の黒崎神門はメンバーの中ではデスノートの夜神さん家のお子さん、と呼ばれています。
 その後はアンケートとお楽しみ賞を賭けてじゃんけん大会を行って終了。
 我がメンバーはじゃんけんに弱いことがよく分かりました。
 まだ運の要素は大きいですけどゼクス面白いです。
 
 今日(5月1日)も新宿で行われる体験会に
 友人を1~2人くらい連れて参加予定です。

Appendix

プロフィール

大将

Author:大将
メンバー紹介
大将
マスター
サカナ
イタチ
にんじん
秋ナス
るっきー
ぷそ
亀井(カメイ)
燈夏(トウカ)
毛塊人(モウカイジン)

最新記事

最新コメント

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。